世界一可愛い漫才コンビ山田について綴る

今まで丸山くんと安田くんのコンビ、山田について様々なことを言ってきましたがTwitterだと文字数があまりにも足りないのでこちらに想いを綴ります。

 

そもそもなぜコンビ名が山田かというと、丸山の「山」と安田の「田」をとって山田です。

 

文字だけでも可愛さが滲み出てる。

 

 

さて、なぜ私は『世界一可愛い漫才コンビ山田』とアホみたいに長い名称で呼んでいるのか少しばかり説明したいと思います。

 

 

①〈一つ年下の安田くんが丸山くんの面倒を見ている〉

丸山くんが奇行に走った際、安田くんは常に相手をしてあげています。そして丸山くんの一生懸命なギャグを優しく包み込むようにツッコむのが安田くんです。あゝ山田尊い。  

 

②〈安田くんが勝手にライバル視されている〉

文字の通りです。バラエティなどで安田くんの方がウケたりすると丸山くんはガチで悔しそうにしています。一方安田くんは毎回笑って受け流すのでそんな真逆の2人を見ているのが楽しい。

 

③〈Jr時代〉

以前ツイートしたこれです。

 

 

④〈ネタ作り〉

昔は安田くんの家でネタ作りなどを行っており間が合わず険悪ムードになった事もある2人。また、自分たちだけではわからないのでメンバーに見てもらったりもしていたのですが一応本職はスーパーアイドルのはずなのにここまで漫才に力をいれるなんて2人の意識の高さに涙が出る。

 

 

・・・ざっとこんな感じ。

(私は安田担なので全体的に安田くん寄りになってしまった)

 

 

そんな2人のユニット曲『The Light』は罪と夏の初回Aに収録されているのですが当初は誰が歌っているのか公表されていなかった為初めて聴いた時は膝から崩れ落ちたのを覚えている。

 

 

いつかThe Lightを歌う2人の姿が生で見れる日を信じて日々頑張ろう。